読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酒飲みの雑記。

飲んだり食ったり遊んだり仕事したりのブログです。画像はよっぽどじゃないと載せないと思います。

決意と今後

いやまぁ普段はそう思ってもなかったし考えてもなかったのだけど、根本的にというか潜在的に対等な関係だと思えてなかったんだろうと思う。お金はどの人にも同じ勝ちを持つけれども使い方で人との関係が変わってしまう。

たとえば貸したお金はたいがい返ってこない。これは自分自身での経験からだけど。その時点で僕の中では相手との対等な関係が失われる。相手がどう思ってるかはわからないけど。そもそも相手は借りたことすら忘れるもんなんだよね笑

それとは別に割と僕はお金の支払いは多めに出したりする。これも前に書いたな。金のめんどうが嫌だからだ。結果的にそれがいけなかったと今では思えるのだけど。飲む金がないけど飲みたいんだなんて話をされたらいいよ飲み行こうよっていうしそれはいつか自分が困ったときには相手もそうしてくれるんだろうっていう希望的観測からきてたんだけど、そんなことは一度もなかった。ちょっと金に困ってる時は誰も寄りついてこないし連絡もしてこない。多分なにかハッピーな話の見すぎだったんだろうな。ここにはもう諦めた。僕に友達が極端に少ない理由って結局ただの金払いのいい人間としか思われてなかったからなんだよ多分。

で、まぁそんなことを結論づけてみたらやっと決心がついた。そういう人とは関わらないほうがいいんだろう。どっか別の方向に進んでみたらそれなりにまた人と出会えるかもしれない。元々なにかに依存しやすい人間なのは確かなんだけど今は心が澄んでるからそれでいいのかもしれない。やっとなにかから解放されたような感じ。そこまでの決心がつくのにはちょっと痛すぎる結末だったけど僕にはちょうどいいのかもしれない。適当に仕事してうまい飯食ってうまい酒を飲む、ここは別に変わらないから平気だよ。なにかがないから生きていけないなんてことはそうそうないし、僕に対してそう思ってくれてる人もいなかったわけだからスタートがきれるじゃないか。TRIGUNのヴァッシュの言葉が胸に響く。

未来への切符はいつも白紙なんだ

そうだね。なんだってできるのさ。なにもしていないだけでなにかをしてみればいいじゃない。行けるとこまで行ったら別のものが見えてくるはずだね。ちょうどいいや。

ってか最近思ったんだけど、スマホからフェイスブックとインスタのアプリを消したらすこぶるなにかをやる時に集中できるようになった。お昼ごはんも食べないほうが眠くならないから集中力があがるようになった。新発見。なにがいいのか悪いのかなんてのはすぐにでる結果じゃないんだからいいんだ。また昔みたいにいろいろなことに興味を持ってみようじゃないか。アンテナ張ってればまた面白そうなアイディアが浮かんでくるだろう。とにもかくにもやってみよう、いろいろなことを。良い結果でも悪い結果でもでるところまで頑張ってみよう。なんか最近はなにかしているときが楽しいんだ。それも良い兆候かもしれない。

そんなことを考えながら明日からも適当に過ごしてみようと思う。